コスプレinfoタムズ

撮影した画像のレタッチってした方が『良い』の『悪い』の?

カメラマンさんはイベント、スタジオ等でレイヤーさんを撮影した後、「画像下さい!」と言われることは多いのではないでしょうか?その際、撮影した画像をそのまま、渡すか、『レタッチ』して渡すのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?


まずは、相手に聞いてみよう。

ごく、あたりまえの事ですが、一番簡単なのは相手に聞いてみることですよね。コスプレ作品は、特にゲームやキャラの雰囲気を大事にしたい人が多いと思います。たとえ可愛く、綺麗にレタッチしてもキャラと合わないレタッチでは『ちょっとガッカリ』なんて事も・・・

レタッチに関しては、相手に聞いてみたり、時には、どういうレタッチにしたいのか参考画像などを提示してもらうのもイイかもしれませんね。もしくは、レイヤーさん自身でレタッチするなんて事もあるかもしれません。コスプレSNSやツイッター等を利用して連絡を撮ってみてはいかがでしょうか?


レタッチでやってほしくない事ってなに?

これに関しては、レイヤーさんそれぞれして欲しくないレタッチというのは、違うと思います。上でも言いましたが、そういう時は、レイヤーさんと『相談』してみてください。

ただ、『相談』といってもそれほど親しくなかったりすれば、お互いに言いたい事が言えない場合もあるでしょうから大変ですね。


NGの多いレタッチ例

多くのレイヤーさんはレタッチはして欲しいという意見が多いと思います。しかし、イベントで偶々撮影した際なんかは、『相談』等はできない場合が多いと思います。


そこで、個人差はあると思いますが参考までにNGなレタッチの一例を紹介


1.本人か分からなくなるほどの、過剰なレタッチ。
あまりにレタッチを施しすぎると、レイヤーさんからしたら「私じゃないほうが良かったの?」「可愛くないって事?」の様に撮られてしまう場合もあります。レタッチする際は、肌のシワ、シミ、ほくろを消したり、肌の色を調整するぐらいが無難かもしれません。

2.小道具、小物や背景などを消す。
「せっかく、ここのスタジオを選んだのに」「一生懸命作った小道具なのに」といった不満は比較的多いようです。特にカメラマンさん視点だと、どうしても女の子中心で考えてしまう事が多いので、レタッチで消したり、トリミングする際には気を配ったほうが良いかもしれません。

3.テキストを入れる
こちらは、絶対に『相談』してからの方が良いかとおもいます。テキストによっては全く思いにもよらない作品になってしまう事もあります。下手をしたら性的な表現がはいっていたり、なんでもありな状態になってしまいかねません。どうしても入れたい場合は、お互いの信頼関係を気付いてから、「こういったレタッチにしてみました」と相手に見てもらったりした方がいいかも知れません。くれぐれもテキストいれたのを確認なしでweb等に掲載するのはやめた方が良いと思います。


人によって作品の好みは分かれますので一概にこれというのはないと思いますが。カメラマンさんレイヤーさんがコミュニケーションをとってお互いの満足のいく作品を作り上げる事が一番大切なことなのでしょう。


 
 
 
メインメニュー
リンク
  • コスプレ衣装販売
    cosordermade


  • 相互リンクして頂けるかたいましたらこちらにメールしてください。
  • cospantener@mail.goo.ne.jp
  • inserted by FC2 system